テーマ:戊辰戦争

磐城平藩戊辰戦争戦没者法要

昨日8月11日は平安会(元平藩安藤家藩士子孫の方達の親睦会)による、戊辰戦争平藩戦没者の法要が行われました。 この法要は、明治20年頃から毎年お盆直前に行われているようです。この日は旧暦でいえば6月21日頃に当り、慶応四年=明治元年の、その日は一週間程前に平潟港に上陸した官軍と磐城勢が植田付近で交戦中の時期でした。平城が落城するのは3…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

いわきの戊辰戦争と幕末遊撃隊(いわきフラオンパクプログラム)②新田坂、湯長谷藩跡

大分、更新の間が空きましたが、 いわきの戊辰戦争と幕末遊撃隊の続きです。この記事の後には、私のもう一つのプログラム「エイサー・六段・天下一」いわきの偉人達の謎とき旅に入ります(たぶん)。 追加、こちらの請西小学校のスライドショーを見て頂きますと林忠崇候と遊撃隊について簡単に理解できますhttp://www.geocities.co…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

いわきの戊辰戦争と幕末遊撃隊(いわきフラオンパクプログラム)①勿来きり通し、平潟港

中々更新出来なくて申し訳ありません。2月8日が過ぎれば多少落ち着きますのでお待ち下さい。このブログをお読みの方はご存知かと思いますが、現在いわき市常磐湯本町では「いわきフラオンパク」を開催しております。http://iwakihula.onpaku.com/ 私もプログラムを2つ担当しており、先週の1月18日(日)に最初のプログラム「…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

磐城の戊辰戦争④植田「八幡山の戦い」

大分、間が空きましたが磐城の戊辰戦争の続きで平潟奪還作戦の後の話です。慶応4年(1868年)旧暦の6月17日、平潟港に上陸した官軍を迎撃しようとした遊撃隊・磐城諸藩・仙台藩の連合軍は目的を果たせず敗走しました。 前回の記事http://spottedseal.at.webry.info/200802/article_1.htm遊撃隊は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

磐城の戊辰戦争③平潟奪還作戦・遊撃隊孤軍奮闘

2008.03.04修正 3番隊長和多田貢の出身地は岡崎藩でした。慶応4年(1868年)=明治元年の6月16日。平潟に上陸した官軍はバッテイラと呼ばれる小船で港に上陸、子供達に銭やビスケットを与えて村人達を安心させた。やがて平潟の村人も官軍に協力して荷物の陸揚げが始まりました。その頃、平潟にあった仙台藩2小隊(約100名)は官軍の勢いに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

磐城の戊辰戦争②幕末遊撃隊、磐城へ。

伊庭八郎データ追加1月30日平城登城の部分修正官軍の平潟港上陸に遡る事、5月15日に幕府残存勢力の彰義隊と官軍による「上野戦争」が勃発したが、官軍の「大村益次郎」の巧みな作戦により、たった1日で終了。(これが、箱根で戦っていた遊撃隊にも大きな影響を与えている)御旗に祭り上げられていた「輪王寺の宮」後の北白川宮(孝明天皇の兄弟で僧籍に入っ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

磐城の戊辰戦争①官軍平潟港上陸

この話は管理人の主観により語られていますのでご了承下さい。 さて今から、140年前の慶応4年(1868年)戊辰の年に、あったのが明治政府と奥羽越列藩同盟との戦いで、世に言う「戊辰戦争」です。もとはといえば、会津の「松平容保」公が、京都守護職という警察の様な仕事を押し付けられたのが原因ともいえます。攘夷志士を取り締まるという火中の栗を拾…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more