テーマ:京都

京都弾丸ツアーⅡ⑤檀王法林寺再訪と池田屋でお食事

岩城(現在のいわき市)の僧、琉球に渡る 今から400年程前の1603年江戸幕府開府の年、東北の南端・岩城(現在のいわき市)から琉球国へたどり着いた一人のお坊様がおりました。 名前は袋中上人良定(当時52歳)。浄土宗の第三勢力にして東北最大の教派・名越派の学僧であり、岩城の領主・岩城家の保護を受け城内に創建した菩提院(現在はい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都弾丸ツアーⅡ④ ねねの道~祇園さん

維新の道(坂)を下り右折するとそこは、ねねの道(高台寺道)。 ねね(北の政所)・・豊臣秀吉の正妻で秀吉が藤吉郎と名乗っていた時代から彼を支えていた女性。子供は出来ず、秀吉と淀殿の子・秀頼が秀忠の娘・千姫(秀頼の従姉妹)婚約したのを見届け落飾。その後、高台寺に入り秀吉の霊を弔った。 撮影機材はEOS Kiss X3&AF18-27…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都弾丸ツアーⅡ③清水坂・三年坂・二年坂・坂本龍馬の墓

H22年10月3日京都弾丸ツアーの続き。 方広寺を出て清水寺へ向かい、清水新道(茶わん坂)を登り切る。 朝、風呂を利用した京都タワーを望遠で撮影。 清水の舞台。 高校の修学旅行以来だから数十年ぶりになる。写真ではそうは見えないが、さすがに人は多い。 中国系観光客比率も結構多い感じである。当時、尖閣問題で中国政府…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都弾丸ツアーⅡ②お江が建てた「養源院」&豊臣滅亡「国家安康の鐘」

京都タワー前からタクシーに乗り三条京阪駅を経て三十三間堂に着いた・・・けど目的地はここではありません。 撮影機材 Panasonic DMC-TZ7、キャノンEOS KissX3+タムロンAF18-270mm (Model B003)&トキナーAT-X PRO DX 11~16㎜F2.8 画像をクリックしますと大きめの画像で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都弾丸ツアーⅡ①朝御飯・朝風呂

2010年10月2日(土)21:00に高速バスで、いわきを出発、翌3日(日)7:00前に京都到着。 2度目の京都弾丸ツアーは一昨年と同じく往復の移動時間20時間、現地滞在14時間。 メンバーは私と夢わくわく市民会議の山田さん、じゃんがら念仏踊りのメンバー2人(石井さん、熊谷さん)の計4人。 主目的は、じゃんがら念仏踊りメンバー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京都弾丸ツアー⑨旅の終わり

9月13日(土)の夜にいわきを高速バスで出発して14日(日)の朝7時前に京都駅に到着。目的地でもあった「だん王法林寺」での招き猫奉納等が終わる頃には午後4時近くになっていた。 夢わく湯本市民会議視察メンバー3人は鴨川を挟んだ三条大橋の西のスタバで相談、とりあえず山田さんは鴨川の風景をスケッチ、白土さんとスポッツはお土産を買い一時間半後…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

京都弾丸ツアー⑧「だん王法林寺」・・エイサーと招き猫のお寺

ここに2体の黒い招き猫の写真があります。唯の招き猫ではありません、あの豪徳寺の招き猫(彦にゃんのモデル)よりも古い可能性がある(寺社関係としては)日本最古の招き猫伝説のニャンコ(レプリカ)達なのです。 補足 だん王さんの黒い招き猫には是非赤い敷物をお使い下さい、赤地(赤字)を抑えて黒字を出してくれます。 撮影機材iosKissX2&…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

京都弾丸ツアー⑦八橋の謎へ迫る・後編+会津藩墓地

八橋の謎へ迫る後編。最初の方だけ京都から脱線します。 八橋検校死後、廃れてしまったと思われていた八橋流筝曲だったが昭和30年頃信州松代に住む70代の女性が鮮明に記憶している事が分かった。 その人の名は「真田志ん」、真田家分家「真田勘解由家」の末裔でした。 彼女の活躍により長野市の無形文化財として八橋流が復活する事になりました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都弾丸ツアー⑥八つ橋の謎に迫る・前編・・聖護院八つ橋総本店→金戒光明寺

2010年4月29日内藤家と挙母藩(ころもはん)との繋がりについて追加。 後編⑦と同時にアップしますが、京都編⑥は、六段の調べで有名な近世筝曲の祖「八橋検校」と京都の代表的な御土産「八つ橋」についてのお話前編です。 今回の旅の参考書でもあった「八橋検校十三の謎」釣谷真弓著 発行アルテスパブリッシング 2000円(税別) を読んで頂け…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

京都弾丸ツアー⑤二条城

少し間があきましたが、京都弾丸ツアーは前回の続き、二条城へ着いた所からになります。 京都市役所から歩き始めたのがAM8:40頃、二条城に着いたのがAM9:20くらいでした。 写真は東南隅櫓。築城から20年程後の寛永元年(1624年)~3年頃、将軍「徳川 家光」の時に造営された部分。 撮影機材 iosKissX2&シグマ18-1…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

京都弾丸ツアー④京都御池創生館→二条御所跡「本能寺外伝・松姫の悲恋」→二条城着

10月9日、文章「香具姫→正室(酒井次)が忠興を追いかけた」に修正しました。 2009年5月22日再修正。京都市役所を離れ、御池通りを西に進む一行。 すぐに「京都市御池中学」が見えてきた。この時は何も分からないまま撮影していたが、ネットで検索したらここは、日本最初の小学校発祥の地らしい。それだけではなく、普通の中学校と違う所が色々あ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

京都弾丸ツアー③本能寺→京都市役所

池田屋跡を過ぎると今まで歩いていた三条通と河原町通が交差する場所に出る。ここを右折ししばらく進むと「カトリック河原町教会」が見えてきます。ネットで調べたら、明治に出来た「フランシスコ・ザビエル」記念教会で、京都、奈良、三重等の教区の中心教会との事です。 撮影機材iosKissX2&シグマ18-125㎜F3.8-5.6DC OS …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

京都弾丸ツアー②三条大橋界隈

京都旅行の第一の目的は、いわき(岩城又は磐城)出身の袋中上人(たいちゅうしょうにん)の再興したお寺「檀王法林寺(だんのうほうりんじ)に招き猫を奉納する事でした。 詳しくは、後の記事で書きますが、招き猫寺でもある「だん王さん」=「檀王法林寺」での御住職さんとお会いする時間は午後2時の為、招き猫を破損、紛失しない様、「だん王さん」向かいの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都弾丸ツアー①京都駅付近で朝御飯とお風呂

いわきフラオンパクの調査・宣伝・招き猫奉納と言う目的の為に京都行きを計画して数ヶ月。時間の経つのは早い物で、あっというまにその日が来てしまった。タイトルに弾丸ツアーと名付けただけあって、0泊3日の夜行バス10時間(片道)は、ハードだった。 中秋の名月の前夜、9月13日(土)21時ちょいに、雲の合間から見えるお月様に見送られ出発。 撮…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more