テーマ:アクアマリン福島

水族館 アクアマリン福島 ⑩

ビオトープ、「蛇の目ビーチ」を見終わり、館内に戻ると出口に向かう最後の通路があります。手前には工作教室で魚の形の紙製の帽子を手に入れる事が出来ます。又、この通路は、様々な種類の金魚の常設展示場を兼ねています。通路左手には、お子様向けの遊具が設置されてます。そして、来館者の多い時期には、ミュージアムショップの臨時の売店が出ます。ここで最後…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島 番外編 アクアマリンナイト2007

アクアマリン福島⑩の前に、番外編でアクアマリンナイト2007のご紹介を致します。毎年、旧盆の今頃、今回は8月11日(土)~19日(日)の間ですが営業時間を延長して夜8時まで(入館は夜7時まで)館内を見学できます。(その他、正月・クリスマス等の時期も行っています。) 今回は8月14日(火)の午後4時半頃、小名浜港アクアパークに到着。暗く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島 ⑨

タッチプールを過ぎ、通路を下っていくと左側にはミュージアムショップの「ウミノス」があります。その隣にあるのがアクセサリーなどを売るグレードが高めのショップで、綺麗なトンボ玉のネックレスやピアス等や沖縄のシーザーの置物などが置いてあります。高めと言っても十分リーズナブルな価格設定です。その奥には軽食・飲み物のレストラン。通路、右手側が展望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島 ⑧

館内の展示も最後に近くなってきました。潮目の水槽の三角の通路を抜けますと福島の海のコーナーです。ここには他の水族館にはないサンマの水槽やいわき市の魚のメヒカリ(目光)の水槽などがあります。通路を抜けた左端がサンマの水槽になります。ここのサンマはアクアマリン福島で繁殖させたもので、世界で初めて成功させました。臆病で光に敏感なので水槽はだい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島 ⑦

マングローブ水槽を通りすぎるとサンゴ礁の海のコーナーへ入ります。ご存知の方もいるでしょうが、サンゴはイソギンチャクなどと同じ仲間の動物で、ポリプという小さな個体が集まって大きな形になっています。体の中には植物プランクトンが入っていて光合成のエネルギーを貰い又、ポリプ自体もプランクトンを捕食しています。最初のサンゴ水槽の斜め向かいにはサン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島 ⑥

オセアニック・ガレリアを終わり次に熱帯アジアの水辺へ・・。 通路通路左・外気のあたる休息所(ちなみにエトピリカ水槽からオセアニック・ガレリアの間にも1ヶ所あります。)通路右・説明文そして熱帯アジアの湿気の多い密林へ、7月の頭にはこんな花が咲いていました。その他にも色々な花(ラン等)が常に見られます。ここも、福島の川の部分と同様、外光の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島 ⑤

北の海の海獣のコーナー・エトピリカとウミガラス水槽脇を抜けると、次のコーナーのオセアニックガレリア(海洋ギャラリー)へと向かいます。最初にいわきの海との関わりが模型で紹介されたり、説明文などが在りますが、子供さんに人気があるのが伝馬船の漕ぎ方を体験出来る、この場所です。アクアマリンには、多数のボランティアの方がガイドとなって水族館のサポ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島④

北の海の海獣コーナーに展示されている生き物は、オットセイ、トド、セイウチ、エトピリカ、ウミガラスですが、中でも注目は先月の7月1日に生まれたトドの赤ちゃんです。来館日は、公開2日目でしたが別に人に怯えるような感じではありませんでした。もちろんお母さんを呼んだり、後を追いかけて水に落ちたりなど赤ちゃんらしいですが。この赤ちゃんには名前がま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島 ③

1階から4階に直行しますと、ふくしまの川と沿岸のコーナーへ出ます。ここは、建物最上階のため、アクアマリンのガラス張りの天井を通して外光が差し込む明るく緑豊かな空間です。(写真は以前に撮った晴れた日のもの)又、四季折々には色々な花や、紅葉の時期には赤や黄色で彩られます。コーナーの左手には川の上流から下流を模した展示があります。上流はイワナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島 ②

現在、紹介中の部分は、1階 海・生命の進化 です。何故こういうコーナーがあるかというと、アクアマリンがイルカやペンギンのショーを見せる娯楽タイプでなく(そのせいかイルカとペンギンはいません)、学習施設タイプの水族館だから。ニュースで見た方もいるかもしれませんが、インドネシアへ行ってシーラカンスを調査したりもしてます。水族館で飼育できるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水族館 アクアマリン福島 ① 

アクアマリン福島も開館して7年になるそうです。もう、そんなに経ったのかという気持ちです。子供さん達も夏休みでだいぶ来館してるし、1部リニューアル・トドの赤ちゃん公開といったイベントありなのでアクアマリン紹介でもするかと思い立ち、7月29日(日)の開館時刻まもなくからお昼過ぎにかけて写真撮影に行ってきました。(*本文では以前撮影した写真も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more